お 休 み の ご 案 内

4月29日~4月30日、 5月3日~5月5日は、お休みを頂きます。ご迷惑をお掛けします何卒宜しくお願い申し上げます。
最新入荷情報
初心者にお勧めサーフボード
中古ショートボード
中古ファンボード
中古ロングボード
中古ニーボード
中古ボディボード
中古ウェットスーツ
中古サーフブーツ、グローブ
中古サーフギア
中古サーフDVD
中古スケートボード
新品サーフ用品

ウェットスーツのリペア「綺麗に修理するコツ教えます!」

ウェットスーツのリペア方法

ウェットスーツの修理(リペア)方法

スキン(ラバー)部とジャージ生地の繋ぎ目や小さな傷ならウェットボンドで修理できます!
セミドライなどのウェットスーツはある程度使用すると、スキン(ラバー)部とジャージ生地の繋ぎ目の接着面が弱り、剥がれてしまう事があります。また、着脱の際に誤って爪で生地をカットしてしまうこともあるでしょう。このようなレベルの修理なら、ウェットボンドで誰でも簡単補修できます。
その前にウェットスーツのメンテナンスを普段から、しっかりおこなっていますか? 特に冬場に着用するセミドライ・フルスーツは動きにくくストレスも大きいだけに気を使いたいものです。普段からのお手入れで、劣化を最小限に押さえ、快適なサーフィンと寿命を伸ばす事ができることでしょう。
意外と知らない…ウェットスーツのお手入れと収納方法」を参考にサーフィン後はウェットスーツのメンテナンスもしっかりとおこなってください。




見た目もキレイに!ウェットスーツを修理(リペア)しましょう。

1)修理(リペア)箇所のチェック

まず、ウェットスーツの接着面の剥がれているところをチェックしましょう。軽度な部分はそのままでは、見落としてしまうので、画像のように親指と人差し指で軽く挟み、繋ぎ目を開かせるようにしながら、確認すると見落とさず探すことが出来ます。
ウェットスーツの接着面の剥がれ

2)ウェットボンドは透明タイプより黒色のボンドがおすすめ。

市販されているウェットボンドの場合、ボンド自体の色が透明のものと黒色のものがあります。どちらでも、もちろん構わないのですが黒色のボンドの方が接着力が強いと言われていますのでオススメです。なお、ウェットボンドは引火性の有機溶剤含まれていますので、取り扱い上の注意点をしっかり読んでからご使用下さい。では、実際にリペアしてみましょう。
ウェットボンドウェットボンド(ウェットスーツ補修用)

3)つまよう枝を使うとキレイに仕上がります。

キレイに仕上げる為に、爪楊枝がとても役に立ちます。指先にウェットボンドをつけるなどして塗る方も多いようですが、傷口が小さい場合に塗りづらく、また接着面の外にはみ出しやすいのが難点です。その指で誤って修理箇所以外の場所を触り、ボンドがウェットスーツに付着する可能性も考えられますので爪楊枝を使ってボンドを塗っていきましょう。ウェットボンドはたっぷりと厚く塗ったからといって接着力が上がるわけではありません。逆に塗り過ぎは接着面からはみ出すなどの原因となり、場合によっては接着力を低下させることにもなりますので気をつけてください。 まず、爪楊枝に少量づつ乗せて、接着面に塗り広げるイメージでしっかりと万遍なく塗ります。万が一、誤って接着面からはみ出して塗付した場合は、キレイな爪楊枝をもう一つ準備しておき、すくうように取り除くと綺麗に取れます。
ウェットスーツリペア(ウェットボンドを塗る)

4)ウェットボンドが完全に乾くまで待つ。

この状態でボンドが完全に乾くまで待ちます。
乾かない状態では粘着力はありませんので接着する事は出来ません。
リペア(ウェットボンドが完全に乾くまで待つ。)

5)しっかり圧着させる。

ウェットボンドがしっかり乾いたら、画像のように接着面をしっかり合わせ「つまむ」ように圧着していきます。この時、しっかり圧着するために強めに押さえてください。つまんだ指を一度離したら、次は斜め上から押さえ込むように圧着します。これによってよりしっかり接着されます。
※ 何度もつまむように圧着すると挟むポイントが悪いと接着面が開いてしまう場合もありますのでご注意ください。
リペア(ウェットボンドの接着面をしっかり圧着する)
以上です! 綺麗に修理(リペア)できました。
ウェットスーツのリペア出来ました




関連記事

通販ガイド

ショッピング「通販」に関する情報はこちらからご覧頂けます。

送料|お支払い方法|お届けについて|配送方法(梱包)について|返品・不良品について|ポイントについて ショッピングガイド
return top