サーフィンやペットの屋外温水シャワーに便利なポータブル給湯器

サーフィンやペットの屋外温水シャワーに便利なポータブル給湯器

サーフィン、キャンプなどアウトドアやペットの屋外シャワーにオススメの2種類のポータブルガス給湯器を紹介。カセットガス(カセットボンベ)で温かいお湯が使えるから、屋外での普段使いはもちろん万が一の災害など防災アイテムとしても活用できる簡単操作でデザイン性の高い給湯器。

屋外温水シャワーに便利なポータブル給湯器

カセットガスポータブル給湯器「ERIF OUTDOOR GAS BOILER」

デザイン性の高いおしゃれなカセットガスポータブル給湯器。カセットガス2本を使用で水道につなぐだけ、着火等は単一電池2本使用されておりAC電源も必要なし。操作も簡単、シャワーヘッドのボタンを押すだけで毎分4.8Lのお湯を30分間出し続ける(量にして144L/浴槽一杯分)ことができます。

操作は至ってシンプル、シャワーヘッドのスイッチを押し込むだけで温かいお湯がでてきます。スイッチを戻せばシャワーは止まり、自動的に消火してくれます。本体にはHOT〜COLDの切替ダイヤルとリフトアップカバーを開けば、ガス量の調整する切替えダイヤルもあるようです。

サーフィン後やペットの屋外用シャワーとして

残念ながらウォータータンクは付いていないので水道につなぐことが前提となり自宅の庭などでの使用が基本となりますが、海から近いサーファーやペットのシャワー用として便利。要は水道さえ使える環境であればいつでもどこでも温かい温水のシャワーを浴びることができるというわけです。

災害の備えとして

住宅設置タイプの電気温水器はもちろん、ガス給湯器だって電気が必要なわけで、災害など停電時には電気を供給できる手段がない場合には使い物になりません。電源が不要な「ERIF OUTDOOR GAS BOILER」なら災害など万が一の備えとしても活躍してくれそう。やや大きさはありますがハンドル&タイヤが付いているので移動も容易です。外装には吸排気の役割も兼ねたパンチングメタルを採用され、機能性とデザイン性両立。なお、基本的に屋外専用となるようだ。

お湯の温度(給湯能力)は!?

30〜40度のお湯が出るようです。

一般的な家庭で使われている給湯器の給湯能力は16号/20号/24号、例えば、1分間に16L給湯できる給湯器が16号。号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができるわけですが、台所でお湯を使うなら4.5~5号、お風呂でシャワーを浴びるなら10号の能力があれば十分といわれています。「ERIF OUTDOOR GAS BOILER」は1分間に4.8L給湯ができ、給湯能力は5号相当で入浴としては少々不足といったところですが、カセットガスポータブル給湯器としては優秀だと考えます。

もう少し、詳しく説明しますと。「ERIF OUTDOOR GAS BOILER」では毎分4.8リットルで出湯する場合、水道の温度+25°C(最大)のお湯が最終的な温度になり、例えば水道の水温が13度なら最大で13度+25度=38度となるわけです。冬の寒い時期は、水道の水の温度も低くなるために、国内の場合、冬の寒い時期に水温が5度くらいとして水温によっては30度くらいになることもあるということです。春〜秋では水温も15度〜あると思われますので40度近いお湯になるのではないかと思われます。これは毎分4.8リットルで出湯する場合なので、これよりも水量を減らせばも水温は高くなります。給湯能力から自宅のお風呂のようにはいきませんが、季節を問わず、いつでもすぐに浴びれるくらいの適度に温かい温水シャワーが使用可能でしょう。

おさらいにはなりますが、「ERIF OUTDOOR GAS BOILER」の特徴を書き出しました。

  • 移動式のガス瞬間湯沸器
  • カセットガス2本を使用(市販ボンベ可)
  • 30〜40度のお湯を瞬間的につくる
  • 水道につなぐだけ(AC電源必要なし)
  • 毎分4.8Lのお湯を30分間出し続ける(合計144L/浴槽一杯分)
  • ウォータータンクは付いていない(水道につなぐことが前提)
  • ハンドル&タイヤが付いているので移動も容易
  • 外装には吸排気の役割も兼ねパンチングメタルを採用
  • 屋外式
  • 本体サイズ:W365mm × D231mm × H707mm / 17.0kg

デメリット

デメリットとしては、水道がないと使用できないということ。サーフィン後、水道のない場所で使用したいというような場合には使えない。貯水タンク等から電動ポンプで給水する方法では正しく作動しないようです。

もう一つは、冬場の寒い時期はお湯の温度の面で、少々パワー不足かも!?しれません。

市販のカセットガス(カセットボンベ)も使用できるの?

ERIFオンラインショップのみで取扱いのレギュラーガスカートリッジ、または市販されているものではトーホーハンディガス(シャトル、ジョイック、デイリー)とファミリーカセットボンベを推奨しているようです。

Hike Crew ポータブルプロパン給湯器

こちらは、貯水タンクから電動ポンプで給水できるタイプなので、キャンプやサーフィン後の水道を使えない場所でも使用可能。なお、こちらは電源は必要になるので、AC/DCアダプターをコンセントにつなぐか、車の12Vシガレットライターに接続が必要。給湯能力は不明です。コンパクトで設定もシンプル。なにより場所を選ばず使えるのが大きなメリット。

ポンプ式であることからも水量の面では妥協は必要かもしれませんが、場所を選ばず温かい温水シャワーを浴びれることを考えれば価値のある給湯器ではないでしょうか!?

  • 移動式のガス瞬間湯沸器
  • 水温コントロールノブにより水温を低から高に調整可能
  • 水流は3種類のユニークな水流パターンで調整
  • 水道につなぐだけ(AC電源必要なし)
  • 給水はホースポンプでバケツや他のタンクから給水
  • 液晶ディスプレイ&自動安全停止機能付き
  • 屋外式
  • 本体サイズ:L245mm x W310mm x H300mm / 6.0Kg

他にも寒い冬場のサーフィンにおすすめの防寒対策グッズなどを紹介していますので一緒にご覧ください。

ポリタンクカバー、冬は温水シャワーで防寒対策冬サーフィンはポリタンクカバーで温か〜いお湯を長時間保温 冬のサーフィンにおすすめの「防寒アイテム」冬のサーフィンにおすすめの「防寒アイテム」