FCS2 AIPA TWIN + 1 フィンの特徴とフィンリスト

FCS2 AIPA TWIN + 1 フィンの特徴とフィンリスト

FCS2フィンのSHAPER SERIES(シェイパーシリーズ)、「AKIRA AIPA(アキラ・アイパ)」のツインフィンモデルのテンプレートの特徴、サイズと適正体重、フィン寸法など掲載し分かりやすく解説、商品リストあり。フィン選びの参考にしていただければ幸いです。

ここで紹介する内容は、FCSサイトを参考にしております。

SHAPER SERIES(シェイパーシリーズ)

世界最高のトップシェイパー達と共同開発されたシェイパーフィン「シェイパーシリーズ

AKIRA AIPA モデル

FCS2 AIPA TWIN + 1 フィン

特徴

ハワイの伝説のベン アイパの息子であるアキラ アイパのスペシャリティツイン+1のセット。

アキラ アイパのユニークなボードテンプレートに合うようにデザインされたハイエリアツインは、約5年を費やしたという、こだわりのフィン。スイープ(SWEEP)が弱く、より直立しており、先端が細いため安定性とドライブ性を維持しながら、フェースとポケットを回転させることができる。

ミドルベースとミドルの表面積を備えた、ツインフィンとしては全体的に小さめなセットアップ。

ツインとして使用したり、コントロール性を追加するためにトレーラー(センタースタビライザー)を取り付けることで、より馴染みのある「スラスター(トライフィン)の感覚」を得ることができます。

ボードタイプ

フィッシュ、ファンボード、ツインフィンボードを含むすべてのボードタイプに推奨。

FCS2

FCS2フィンのAIPA TWIN + 1(アキラ・アイパ)テンプレートのフィンを紹介。まずはFCS2のフィン選びをする上で、おさえておきたい各種マテリアル、フィンサイズ、適正体重、寸法の情報を簡単に紹介しておきます。

各種マテリアル

フィンはマテリアル(素材・構造)によりフレックス(FLEX)性が変わります。フィンはテンプレートだけでなくこのマテリアルがパフォーマンスに与える影響も大きく、フィン選びではとても重要な要素となります。

フィン選びの際には、各種マテリアルの名前と特徴を理解しておくことで、目的に応じた最適なフィンを選びが容易になります。

FCS2フィンのマテリアルは、SOFTFLEX(ソフトフレックス)GLASSFLEX(グラスフレックス)NEO GLASS(ネオグラス)NEO CARBON(ネオカーボン)PERFORMANCE CORE(パフォーマンスコア)PERFORMANCE CORE(パフォーマンスコア)+ AirCore(エアーコア)PERFORMANCE CORE CARBON(パフォーマンスコアカーボン)PERFORMANCE GLASS(パフォーマンスグラス)PROTEC FIN(プロテックフィン)があります、コンディションに適したフィンを選ぶことで、よりパフォーマンスを引き出すことが可能となります。

FCS2フィンのマテリアルについて詳しく知りたい方はこちら。

FCS、FCS2のフィン選び「テンプレートとマテリアル」FCS FCS2フィンの選び方(テンプレートとマテリアル)

FCS2 AIPA TWIN + 1のサイズと適正体重

FCS2フィンでは XS / S / M / L / XL のサイズがあります。

通常、FCS2では以下の適正体重が適用されますが、AIPA TWINはXLサイズのワンサイズのみとなり、全ての体重に対応となります。

サイズと適正体重はこちら。

  • XS :〜55kg
  • S :55〜70kg
  • M:65〜80kg
  • L:75〜90kg
  • XL:85kg〜

FCS2 AIPA のフィン寸法表

AIPA TWIN + 1(ツイン+スタビライザー)の寸法とフォイル(FOIL)形状はこちら。表の( )内はサイズです。

単位:ミリHighBaseAreaFOIL
SIDE(XL)137.7123.712410FLAT
CENTER(XL)79.5100.5510350/50

マテリアル毎のフィンリスト

PERFORMANCE GLASS(パフォーマンスグラス)

TWIN + 1(ツイン+センタースタビライザー)|サイズ XL

関連記事はこちら

フィンの基礎知識「フィンの基礎知識」サーフボード

※フィン等の一部画像はメーカーへ許可を得て掲載しています。