ニックサーフが支持されるワケ!「徹底した品質チェックと、きめ細やかなメンテナンス」「コンディションは正確に…誠実な情報提供に努めます!」「 厳重梱包で安心のお届け!梱包トラブル0%継続中!」
最新入荷情報
初心者にお勧めサーフボード
中古ショートボード
中古ファンボード
中古ロングボード
中古ニーボード
中古ボディボード
中古ウェットスーツ
中古サーフブーツ、グローブ
中古サーフギア
中古サーフDVD
中古スケートボード
新品サーフ用品

サーフィンで覚えておきたい「マナーとルール」

サーフィンで覚えておきたい「マナーとルール」
どのスポーツにもルールやマナーがあるようにサーフィンにもルール、マナーがあります。場合によってはトラブルにまきこまれることもありますので正しい知識をしっかり学び、安全にサーフィンを楽しみましょう!またサーフポイントは限られており人気のポイントは混雑することも多い為、譲り合い気持ちも忘れずに…。

波のピークから乗った人に優先権がある(前乗りはNG)

波にはピーク、リップ、フェイス、ボトムがあります。
波の名称
海では波のピークかにら乗った人に優先権があります。その波に他の人は乗れないルールがある。優先権のある人の乗っている波に横から割り込む行為を「前乗り(ドロップイン)」と言います。人の波に乗ったり邪魔するのは事故や揉め事の原因となりますのでは絶対にやめましょう。テイクオフ時には自分よりピークにテイクオフしようとしている人がいないことを確認することを忘れずに…。また誤って前乗りしてしまったら「ごめんなさい」と誤ることも忘れずに。
サーフィンのマナー:ピークが優先

  • ピークとは: 波が一番高く降起し、初めにブレイクする部分。

スネーキング行為

スネーキングとは、波のピーク付近でテイクオフしようとパドリングをしている人いるにも関わらず、そのピーク側に回り込み、波を後から横取りすること。またはインサイド側からパドルで邪魔をしながらまわりこみテイクオフする行為も同様です。一見、後ろ側にいるサーファーに優先権がありそうに見えるが、前乗りのルールを逆手に取ったスネーキング行為でマナー違反。ハワイなどでローカルにこれをするとパンチアウトが待っているほど悪質な行為と言えます。(コンテストでは妨害にならない場合もあるようです。)前乗り同様、事故の原因となり危険ですので絶対にやめましょう。
なお、この手の事故や揉め事も少なくなく、特にスネーキング行為は判断が難しこともあります。まずは前乗り、スネーキングとはどんな行為なのかを知ることが大切。知っててやることはもちろん悪質で許される行為ではありませんが、悪意は無くとも知らずにやってしまっている人も同じです。いい波に沢山乗りたいのは皆同じです。「奪い合えば足らぬ 分け合えば余る」譲り合いの気持ちでサーフィンを楽しみましょう。

ライディングしているサーファーに優先権がある

海の中では波に乗っているサーファーが優先なのでライディングラインからはゲットアウトしない事が基本ルールです。ライン上でのゲッティングアウトは事故の原因になるのでパドルするサーファーはショルダー側ではなく乗ってきたサーファーの進行方向とは逆側へ向かってパドルしライディングの邪魔をしないように避ける。もしライディングを邪魔してしまったら「ごめんなさい」と謝ることも大切。波の状況によっては、分かっていてもルール通りに出来ないケースもあるため、ライディングするサーファー側も優先権があるからと無理せず、危ないと思ったらライディングをやめる気遣いも大切になります。
初心者によくあるケースですが、インサイドの中途半端な所で波待ちをし、沖から乗ってくるサーファーの邪魔になってしまうこと。これも意外と危険です。初心者の方は、邪魔なラインにいないか?注意しながら、できるだけ混雑しているところ避け空いているポイントを選ぶ事をお勧めします。
ライディングしているサーファーに優先権がある

  • ゲッティングアウトとは: 沖のピークに向けてパドルで波を越えて出て行くこと。
  • ブレイクとは: 波が崩れること。
  • ショルダーとは: これからブレイクする波の盛り上がった部分。

集団入水しない

狭く小さいポイントに大人数でやってくるのはマナー違反。行く先のポイントにはそれぞれ暗黙のルールがあります。事前の情報収集も必要。

ゴミは持ち帰る。「ちびクリーン」のススメ

当たり前のことですが、海から帰るときは自分が出したゴミは持ち帰りましょう。また、砂浜や駐車場などに落ちているゴミも一緒に持ち帰りたい。ローカルや市区町村等によるビーチクリーン活動も行われておりますが、参加出来ないあなたにも「ちびクリーン」なら出来ます!海から上がる際に砂浜に落ちたゴミを1つでもいいので持ち帰る。車で来たなら、自分の車の周りだけでもゴミ拾いする。一人一人は僅かな量ですが、ちびクリーンの輪が広がれば大きな成果に繋がるのではないでしょうか。みんなでそんな輪を広げていきましょう!

ビジターサーファーの心得

私たちがサーフィンを楽しんでいるポイントの中には、その土地に住むローカルサーファーが大切に守ってきたポイントも少なくなく、清掃活動や地域住民との話し合いなど、ローカルサーファー達はそのポイントでサーフィンが楽しめるように努力されています。例えば、地域住民への迷惑行為として車の駐車問題があります。交通の妨げや近隣の迷惑になる駐停車、車のエンジン音や音楽などの騒音などがあります。たばこの吸い殻やゴミのポイ捨て、意外と”あるある”ですがトイレ問題、ポイントによってはトイレが無いケースも少なくなくありません。特に大便の場合、やむを得ず!?適当にされる方もいるかもしれませんが、近隣の私有地だったり農地だったりする等々、地元の方が利用する際に迷惑されているケースもあるようです。他にも知らず知らずのうちに迷惑行為をされている可能性があります。過去に問題になっていることなど、場合によっては看板設置などされている場合もありますので注意してみると良いでしょう。住民の方の目線になって考え、一人一人がそのポイントを使わせて頂くという感謝の気持ちで利用することが大切ではないかと思います。
またポイントによっては暗黙のうちにショートボーダーとロングボーダーのポイントが分かれていたり、SUP(サップ)が禁止されているエリアもあります。初めてのポイントに入る場合、情報収集をされたり海に入る前にローカルにひとこと聞いてみることも大切です。あいさつをしたりゴミ拾いをしたり利用するためのマナーを心掛けることで、気持ちよくサーフィンができることでしょう。
サーフィンを始めるにあたって、耳したり経験されることもあるかもしれませんが…。ローカルとのトラブルについて、一部ではローカル色の強いポイントも存在しビジターには入りにくい雰囲気やNGのポイントもあるらしく、場合によっては常識が通用しないというケースも無いとは言えません。可能な範囲で情報収集をしメジャーポイントなどオープンなポイントに入るのが、ビジターサーファーも馴染みやすいでしょう。前述のような心得さえしっかり持って行動すれば何の問題もありません。そういったポイントの本モノのローカルサーファーは紳士的です。




関連記事

カゴの中を見る

ニックサーフが支持されるワケ

サーフボードは消耗品でありダメージを受けやすく、とてもデリケートな商品だから…その中古となれば品質には細心の注意が必要です!

中古サーフボード選びの注意点

納得・安心の品質と価格

小さな傷までしっかりメンテナンされた「安心品質」とコストパフォーマンスにとことんこだわった「納得の価格」。

安心の梱包配送

商品の特性上、他方ではサーフボードの配送トラブルが相次ぐ中、徹底した梱包でトラブル0%(2009年以降)を継続中!「安心の配送を約束いたします」

通販ガイド

【キャンペーン実施中!】
10,000円(税込)以上のご注文で代引手数料無料


【当日発送サービス実施中!】
13時までのご注文確定分は当日発送

ショッピング「通販」に関する情報はこちらからご覧頂けます。

お支払い方法|送料・お届けについて(日数、時間帯)|配送方法(梱包)について|返品・不良品について|ポイントについて クロネコwebコレクト
ショッピングガイド
return top