FCS2 RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)フィンの特徴とフィンリスト

FCS2 RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)フィン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

FCS2フィンのSPECIALTY SERIES FINS(スペシャリティ シリーズ)の「RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)」モデルのテンプレートの特徴、サイズと適正体重、フィン寸法など掲載し分かりやすく解説、商品リストあり。フィン選びの参考にご覧ください。

SPECIALTY SERIES FINS(スペシャリティ シリーズ)

KEEL(キール)TWIN(ツイン)BIG WAVE(ビッグウェーブ)フィンに属するタイプの「スペシャルティシリーズ

RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)フィン

FCS2 RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)フィン ブラック
FCS2 RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)フィン ホワイト

特徴

現代的なアウトラインとコンケーブを備えたフィッシュタイプのボードに合わせて設計されたローアスペクトキールツイン。

FCS シリーズの中で最も低いエリア(面積)のキール。

最小限の抵抗で速くてルースな感触があり、フィッシュに乗るためのより積極的でラディカルなアプローチを可能にします。

フィッシュ、ファンボード、ツインフィンボードなど、あらゆるタイプのボードに推奨できるフィンです。

FCS2

FCS2フィンのRETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)テンプレートのフィンを紹介。まずはFCS2のフィン選びをする上で、おさえておきたい各種マテリアル、フィンサイズ、適正体重、寸法の情報を簡単に紹介しておきます。

各種マテリアル

フィンはマテリアル(素材・構造)によりフレックス(FLEX)性が変わります。フィンはテンプレートだけでなくこのマテリアルがパフォーマンスに与える影響も大きく、フィン選びではとても重要な要素となります。

フィン選びの際には、各種マテリアルの名前と特徴を理解しておくことで、目的に応じた最適なフィンを選びが容易になります。

FCS2フィンのマテリアルは、SOFTFLEX(ソフトフレックス)GLASSFLEX(グラスフレックス)NEO GLASS(ネオグラス)NEO GLASS EcoBlend(ネオグラス エコブレンド)NEO CARBON(ネオカーボン)PERFORMANCE CORE(パフォーマンスコア)PERFORMANCE CORE(パフォーマンスコア)+ AirCore(エアーコア)PERFORMANCE CORE CARBON(パフォーマンスコアカーボン)PERFORMANCE GLASS(パフォーマンスグラス)PROTEC FIN(プロテックフィン)があります、コンディションに適したフィンを選ぶことで、よりパフォーマンスを引き出すことが可能となります。

FCS2フィンのマテリアルについて詳しく知りたい方はこちら。

FCS、FCS2のフィン選び「テンプレートとマテリアル」 FCS FCS2フィンの選び方(テンプレートとマテリアル)

FCS2のサイズと適正体重

FCS2フィンでは XS / S / M / L / XL のサイズがあります。

サイズと適正体重はこちら。

  • XS :〜55kg
  • S :55〜70kg
  • M:65〜80kg
  • L:75〜90kg
  • XL:85kg〜

なお、TWIN(ツイン)、KEEL(キール)フィンは、上記適正サイズに当てはまらず「X-LARGE (フリーサイズ)」となっています。

FCS2 RETRO KEEL TWIN(レトロ キール ツイン)のフィン寸法表

スラスター(トライ)のサイドとセンターの寸法とフォイル(FOIL)形状はこちら。表の( )内はサイズです。

単位:ミリHighBaseAreaFOIL
SIDE(XL)1201171456570/30
CENTER(-)

マテリアル毎のフィンリスト

PERFORMANCE GLASS(パフォーマンスグラス)

KEEL (キール)|サイズ XL

関連記事はこちら

フィンの基礎知識 「フィンの基礎知識」サーフボード

※フィンの一部画像はメーカーへ許可を得て掲載しています。