品質に自信があります! 予防メンテナンスまで施された安心の中古サーフボード!とことん手間ひまをかけたニックサーフの安心品質。トラブルとは無縁の厳重梱包で安心のお届け!
最新入荷情報
初心者にお勧めサーフボード
中古ショートボード
中古ファンボード
中古ロングボード
中古ニーボード
中古ボディボード
中古ウェットスーツ
中古サーフブーツ、グローブ
中古サーフギア
中古サーフDVD
中古スケートボード
新品サーフ用品
これを見ればニックサーフがわかる
3つの約束
失敗しない中古サーフボードの選び方
よくある質問FAQ
お客様の声
カゴの中をみる

ウェットスーツに付いた頑固なワックス汚れの落とし方&普段のサーフィン後の洗い方(ケア)

頑固なワックス汚れをキレイに落とす方法
ウェットスーツのお尻、胸、膝などに付着したワックスがなかなか取れずにお悩みのあなた…WAXの汚れ落し方を知りたいとお考えのあなたに…。海水の塩分やワックスはウェットスーツの伸縮性など機能低下や劣化を早める原因の一つでもあります。せっかく高価なウェットスーツを買っても、普段からのお手入れが不十分であれば、そのパフォーマンス、性能を十分に発揮することが出来ません。インターネットではアイロンやリムーバーを使ったり色々な落とし方がありますが、ウェットスーツになるべく負担を掛けずに見た目だけでなく、ウェットスーツをなるべく傷めずに少しでも長くコンディションのいい状態で使用することを一番に考えた洗い方、普段からのケア方法を紹介いたします。
なおアイロンをかけるだけでワックスが落ちるというやり方はお勧めしません。アイロンの熱で溶けたワックスのほとんどがウェットスーツの生地の中に浸み込んで見えなくなっただけです。新聞紙の上からかけても同様のことが言えます。もちろん、多少は新聞紙がワックスを吸収してくれるかもしれませんが…。ワックスを落とす度にアイロンがけするというのは生地や接着面にもいいとは言えません。サーフボード用のリムーバーで落とす方法もあり、効果はあるように思われますが、リムーバーを使用した部分としていない部分で仕上がりにムラが出来やすいなどのデメリットもあるようです。やはりウェットスーツ専用のシャンプーの方がムラも出にくく、より生地にやさしいと考えます。ワックス落としにおススメのウェットシャンプーと落とし方のコツさえ分かれば誰でも簡単にクリーニングできます。

1)サーフィン後の普段のケア方法(洗い方)

「普段のケア(洗い方)は後でいいから、先にワックスの落とし方を教えてよ~」と聞こえてくる気がしますが…、これにも意味があり、説明の順番で重複する内容も簡素化できるという点も踏まえ紹介したいと思いますので、順番にお読み頂くことをおススメします!

準備するもの

ウェットシャンプー&ソフナー「すっきりの素・ふわふわの素」、バケツ「TOOLS WATER BOX 」

  • ウェットスーツ用「すっきりの素 ウェットシャンプー250ml」
  • ウェットスーツ用「ふわふわの素 ウェットソフナー250ml」
  • バケツ
  • 水 または ぬるま湯(熱いお湯はNG)
ウェットスーツが入るバケツ等を準備し、水、またはぬるま湯(熱いお湯は厳禁です!)に適量のウェットシャンプーを入れかき混ぜます。通常、サーフィン後でしたら、軽く押し洗いするようなイメージを繰り返し、ウェットスーツの表面、裏面(インナー側)をひっくり返し洗います。この時、綺麗に汚れを落としたいからと強く激しく押しながら洗うのはウェットスーツの縫い目、接着面、ラバー素材などの生地に負担をかけてしまうためNGです!「ゆっくり…軽~~く…押すようなイメージでやさしく洗うことがポイント」です!バケツのそこまで強く押し付けるのではなく、軽く沈む程度にやさしく押すイメージです(この時に発生する水流と生地同士の軽い摩擦で洗浄してくれます)これだけで付着した海水や汚れ、ワックスなども十分に落としてくれます。しっかり落としたければ、繰り返し行い時間をかけて洗うことです。しつこいようですが荒々しく力を入れて洗うのは縫い目や接着面、保護テープ、生地などを傷めることになりますのでご注意ください。汚れた水を捨て綺麗な水に入れ替え、しっかりすすぎをしてください。すすぎは1回、出来れば2回やるといいと思います。あとはウェットが浸るくらいの水にソフナーを適量いれて混ぜ、その中に5~10分ほど浸しておけばOK!、ソフナーの後はすすぎは不要。そのまま風通しの直射日光の当たらない陰の場所等に干してください。ソフナーに関しては毎回できればベストですが、面倒なら数回に1度でもいいかもしれませんね!。私も面倒なのでソフナーは毎回できていません(汗)。

普段からのケアだけでワックス付着も大幅に抑えられます!

面倒ではありますが毎回使用後に、このようなケアをしてあげるだけで、生地も良い状態をキープすることができ、ワックス付着も最小限に抑えられ、長期間に渡り綺麗で伸縮性、生地の良い状態が続き、着心地よくサーフィンを楽しむことができます!恐らく今まで水でさっと流すだけで終わっていた方は、これだけのケアで伸縮性や着心地の違いを長期間にわたり実感できるはずです。ウェットスーツの寿命も延びること間違いなしです。またこの作業も習慣にしてしまえば大した作業ではなくなると思います。ワックス付着で悩んでいた方もこのこれだけで大幅に付着も抑えられますので、ぜひチャレンジしてみてください!

ウェットスーツ用のシャンプー、ソフナーについて

ここでは「すっきりの素 ウェットシャンプー250ml」「ふわふわの素 ウェットソフナー250ml」で効果を確認した上で紹介しております。他のメーカーでもワックス付着に対しても同等の効果を持つシャンプー等はあると思いますが、今回のタイトルの内容を解決するにあたって当店ではいくつか試した中で、その効果を実感できた商品として推奨しております。その他メーカーのウェットシャンプーでの効果は分かりかねますのでご了承ください。


すっきりの素 & ふわふわの素 セット ウェットスーツ用 シャンプー ソフナー 250ml ウエットスーツ用 ウエットシャンプー コンディショナー 柔軟剤 【あす楽対応】

2)頑固なワックス付着をキレイに落とす方法

ウェットスーツのワックスの落とし方・洗い方「ビフォー・アフター」全体の比較

ウェットスーツのお尻、腹部、膝などに付着した頑固なワックス汚れがなかなか取れずにお悩みのあなた…。この「すっきりの素 ウェットシャンプー250ml」のウェットシャンプーで試してみてください!こびりついてなかなか落とせなかったワックスが綺麗に落ちるはずです!では早速、その洗い方をご説明します。まずは1「サーフィン後の普段のケア方法(洗い方)」と同じようにウェットシャンプーでやさしく押し洗いします。ある程度押し洗いをしたら、ワックスの付着や汚れた部分を、動画のようにウェットスーツの生地同士を擦るようにモミ洗いします。ワックスが沢山こびり付いた部分は次第に消しゴムのカスのように白い塊がどんどん出てきます。これが付着していたワックスです。たまにバケツの水でカスを払い流しながら繰り返しそのままモミ洗いを続けてください。普段のケアを怠っていたウェットスーツの場合、カスや汚れがバケツの中に溶けだして泥水のように濁ってきますので、あまりひどい場合は一度バケツの水を捨て新しい水に入れ替え再びシャンプーを入れモミ洗いをすると良いでしょう。普段お手入れをしっかりされている方やワックスの付着が酷くない場合はこれだけで十分に綺麗になっていると思います。

しつこいワックス付着をもっと素早く落とす方法

この段階で、あまり効果が少ない…ワックスが沢山残っていて落とすのに時間が掛かっている…なかなか落ちてくれないワックスの塊が残っている…。手っ取り早く、しつこいワックス付着をもっと素早く落とす方法を教えて欲しい…とお感じになった方は、長期間お手入れを怠っていた方など、ワックスの付着が酷い状態だと思います。こちらを方法がお勧めです!直接、シャンプー液を汚れが酷い部分につけて馴染ませた上で、同じようにモミ洗いしてください。どうですか?綺麗に落ちるようになったのではないでしょうか?長年のこびり付いたワックス汚れも、2,3回繰り返し同じ作業をすれば綺麗に落ちます!綺麗に落としたら、新しい水に入れ替えすすぎ洗いします。大量のシャンプーや汚れが内部に浸み込んでいますので普段よりもすすぎも念入りに2,3程度行ってください。

「要チェック」モミ洗いの注意点!

注意点としてモミ洗いの際にウェットスーツの接着面や縫い目、インナー側の保護テープなどを貼っている部分はそれらの接着や繋ぎ目を傷め剥がれを引き起こし浸水の原因にもなりますので、ご注意ください。またモミ洗いの際にもウェットスーツ同士を擦りながらモミ洗いするわけですので表面の生地にも少なからず負担が掛かるので、ゴシゴシ洗うのではなくやさしくモミ洗いするイメージで洗ってください。ご説明のように、洗い方によってはウェットスーツを傷める要素を含んでおりますのでご了承の上、自己責任で実施をお願いいたします。

ビフォーアフター:その1

こちらは動画で紹介しているウェットスーツのビフォーアフターです。かなり綺麗になっていると思いますが、完全にはワックスが落とせていませんね(汗)。こちらのウェットスーツは、付着したWAXが年季を感じさせるような固着状態でした。もう少し時間を掛け念入りに洗えば(ワックスの痕がほとんど分からなくなるくらいまで)さらにキレイになりますが、モミ洗いは少なからず生地に負担を掛けますので、その点も考慮し、ここまでで終了しました。普段からサーフィン後にシャンプー洗いでケアしていれば、ワックスを落とす際の手間や生地へ負荷を掛けずに綺麗にワックスを落とすことができますので、普段からのケアをしっかり行うことをおススメします。

ウェットスーツのワックスの落とし方・洗い方「ビフォー・アフター」

ビフォーアフター:その2

こちらのウェットスーツはワックスの汚れはそれなりにあるものの、固着もひどくない為、綺麗に落とせてます。

ウェットスーツのワックスの落とし方・洗い方「ビフォー・アフター」セミドライスーツ・その2

動画「頑固なワックス汚れの落とし方と普段のケア方法」をご覧いただけます!

3)ワックス落としの際の注意点

FAMOUS サーフボード用ワックス

注意点
  1. 普段の押し洗いする際は軽~~く…ゆっくり…抑えるようにやさしく洗うこと
  2. モミ洗いは接着面や縫い目、インナー側の保護テープなどを貼っている部分を極力避け、さらに表面の生地にも負担が掛からないように、やさしくモミ洗いする
  3. 水やぬるま湯を使う(熱いお湯の使用は厳禁)
  4. シャンプー後のすすぎはしっかり行う
  5. 天日干しはNG。風通しのよい日陰等で乾かす
繰り返しになってしまいますが、とても重要なポイントなので再度ご説明します。ウェットスーツの接着面や縫い目、インナー側の保護テープなどを貼っている部分、その周辺はデリケートであり、劣化やも早く浸水の原因にもなります。日頃、ウェットスーツを洗い際やワックス落としの際にはなるべく、これらの部分に負担を掛けないように注意しながら洗うことが、長く良いコンディションを維持するために不可欠です。普段の押し洗いする際は「軽~~く…ゆっくり…抑えるようにやさしく洗うこと」、ワックスを落とす場合のモミ洗いは「接着面や縫い目、インナー側の保護テープなどを貼っている部分を極力避け、さらに表面の生地にも負担が掛からないように、やさしくモミ洗いすること」を一番に洗ってください。また、熱いお湯の使用したり、天日干しなども同様に接着面やテープのりが剥がれたり、生地を傷める原因にもなりますのでお控えください。




中古サーフボード販売のニックサーフマーケット

関連記事

ニックサーフが支持されるワケ

サーフボードは消耗品でありダメージを受けやすく、とてもデリケートな商品だから…その中古となれば品質には細心の注意が必要です!

中古サーフボード選びの注意点

納得・安心の品質と価格

小さな傷までしっかりメンテナンされた「安心品質」とコストパフォーマンスにとことんこだわった「納得の価格」。

安心の梱包配送

商品の特性上、他方ではサーフボードの配送トラブルが相次ぐ中、徹底した梱包でトラブル0%(2009年以降)を継続中!「安心の配送を約束いたします」

通販ガイド

【キャンペーン実施中!】
10,000円(税込)以上のご注文で代引手数料無料


【当日発送サービス実施中!】
13時までのご注文確定分は当日発送

ショッピング「通販」に関する情報はこちらからご覧頂けます。

お支払い方法|送料・お届けについて(日数、時間帯)|配送方法(梱包)について|返品・不良品について|ポイントについて クロネコwebコレクト
ショッピングガイド
return top